いっぷく

古民家を改修し、昔懐かしい雰囲気で
1日定員12名の少人数でゆったりと過ごせます

ご利用者様がその方らしく自分のペースで一日を過ごしていただきたい
ご家族にとっても日頃の介護から少し離れて、ほっと出来る時間を作っていただきたい
自分たちの畑で野菜を作り、旬の食材を使い食べたいものを作って食べる
毎日のお散歩で自然の四季を五感で感じながら、認知症予防や筋力低下防止を行う
餅つきやお味噌作りなど日本の伝統イベントも行う
畑仕事やイベント等を通じて地域との交流も行なっています

送迎

無料送迎いたします(送迎時間、ご利用時間につきましてはご相談ください。)車椅子のままでの乗車も可能です。送迎に行った際にその日のご様子をお伺いしております。

入浴

個室個別入浴です。お一人ずつ入浴していただいています。ご自宅でなかなか入浴が出来ない方でも、気持ちよく入浴していただいています。

お食事

「季節を味わう」をテーマに旬の食材を使って調理しています。利用者さんも一緒に調理を行い準備のお手伝いの役割を持っていただいています。おやつを作って食べたり、おやつ代も食事代に含んでいます。

日課

毎日、お散歩に出かけます。※雨の日でも雨に濡れないところにお散歩に出かけています。畑での野菜作りや昼食の準備のお手伝いなどその方が出来る事、やりたい事をその日の調子を見ながら行なっていただいています。

 
利用対象者要支援 要介護認定を受けられている方

基本的に主治医または医師より何らかの認知症診断を受けている方

よくわからない場合もご相談ください。

営業日月曜日から土曜日まで (祝祭日も営業)
営業時間9時から17時
電話番号072-643-5181

 

 
   ⇨  
3)すべての人に健康と福祉を 11)住み続けられるまちづくりを
住み慣れた地域で自分らしく過ごせる心のゆとりのお手伝い
運動・リハビリ・認知予防などといった介護予防に力を入れて取り組み、健康と福祉を茨木市の高齢者に提供しています。
高齢者施設を運営し、高齢者の健康を維持することで、自分の生まれ育った地域で末永く住み続けられるように取り組んでいます。

4)質の高い教育をみんなに
質の高い教育を目指し、外部研修を含め毎月研修を行っています。
また読書やYouTube等を活用し、ビジネススキルや自己啓発といった介護分野のみに限らない知識を吸収できる環境も用意します。
そうすることで、人間性を広げることから、仕事の視点を広げる事ができ、お客様のサービスの向上にも繋がります。

5)ジェンダー平等を実現しよう
女性が9割を占める職場であるため、女性職員の処遇改善に積極的に取り組んでいます。管理職に占める女性職員の割合は、90%となっています。
休憩室の整備や子供と一緒に過ごせるを充実させジェンダー平等を推進し、より女性が働きやすいような環境づくりを心がけています。

7)エネルギーをみんなに。そしてクリーンに

介護施設は電気・水道などのエネルギー消費が大きいため、下記のような取り組みを行っています。
⚫︎施設の照明はすべてLED
⚫︎施設のエアコンを定期的に高効率の物に買いなおす
⚫︎購入する商品(冷蔵庫、TVなど)を見かけ単価を基準とせず、エネルギー消費を基準にすることで省エネに努める


12)つくる責任、つかう責任
資源を大切に、地球のために
廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。(段ボール、おむつ、梱包資材、食品ロス)

17)パートナーシップで目標を達成しよう
地域全体で支える
茨木市は介護予防を図るため、国に介護を頼るのではなく、地域で高齢者を支えるという互助の考えのもと「認知症カフェ」等、まだ介護保険を利用していない高齢者やその家族の憩いの場を運営しております。茨木市や社会福祉法人、営利団体、青年会議所、大学等様々な団体がパートナーシップを持って高齢者介護の助けになるように取り組んでいきたいと思います。