会社概要

 
 
 
 

道の駅(村創り)

私達がつくる道の駅は、老若男女、国籍、障がいの有無に関係無く、仕事ができて生活ができる場所です。各々がもっている能力を活かし、補い合いながら、充実した日々を活きていける場所です。お店があり、食堂があり、畑があり、生活・仕事の場がある。生産・加工・販売の6次産業も可能で経営は黒字。近隣や遠方からも買い物や食事、体験学習、遊びに来て頂けて、笑顔や心のゆとりを感じて頂ける。そんな道の駅(村創り)を目指しています。
同時に地元の活力増進ができればと考えています。

海外展開

次の世代の日本を考えた時、人口の減少や産業の空洞化など、明るい話題は多くありません。私達の子孫の為、日本の国力を高めるためにはどうすれば良いか。国内産業(地元産業)を盛り上げると同時に外貨を稼ぐ事がその一つと考えます。その方法はいろいろあると思いますが、私達は強みを活かし福祉事業(高齢者、障がい者、生活困窮者支援など)の海外展開を目指します。
また、法人の強みや各職員のアイデアを活用して、日本や世界に貢献できる法人、世界中のあらゆる生物にとってhappyな社会生活環境を創造する法人を目指します。

100年企業

これから先、100年にわたり継続して創造し続ける企業を目指します。
法人の継続に必要なことは、社会生活の環境やニーズにあわせて変化をしていくことと考えています。社会や法人の構成職員にとってのインパクトを考慮し、変化のスピードは慎重に検討しなければなりません。同時に法人の構成職員もまた、柔軟に変化をしていかなければなりません。熟慮と勇気により常に自らをリノベーションしていく思考を保ち続けなければなりません。どうしてもできない場合はそれを補ってくれる何かを身につけなければなりません。
100年企業であり続けるために、現状の介護や医療保険、行政からの補助金に頼った法人運営ではなく、それらに頼らない収入源を確保する事が必要です。その収入源が、社会に有益であり、ワクワクする取り組みである事は必須です。

 

会社概要

名称特定非営利活動法人いばらき
所在地本部

〒567−0067  大阪府茨木市西福井4丁目4−22(地図)

役員一覧代表理事   太田伸一

副代表理事 東畠弘導

理事      加藤眞久

監事      大玉貴之

設立2010年6月11日
従業員数64名
事業内容認知症対応型通所介護、通所介護、ケアプランセンター、訪問看護、訪問介護
特定非営利活動の種類
  • 保健、医療又は福祉の増進を図る活動
  • 社会教育の推進を図る活動
  • まちづくりの推進を図る活動、
  • 国際協力の活動
  • 子供の健全育成を図る活動
  • 職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
お問い合わせ一覧本部

いっぷく

おさんぽ

はつらつ

いばらきケアプランセンター

あかり訪問看護ステーション

ゆとりヘルパーステーション

 

特定非営利活動法人いばらき沿革

2010年 6月特定非営利活動法人いばらき設立

みんながいつまでも活き活きと日々を過ごせる社会、世界中の人々が幸福を感じながら笑顔で協力し合える社会創りをコンセプトとして法人を設立。

2011年 3月認知症対応型通所介護施設 「いっぷく」 開所

認知症の方の在宅生活の支援、生きがいと役割と笑顔の創造をコンセプトとして認知症対応型のデイサービスを開所。

2014年  4月認知症対応型通所介護施設 「おさんぽ」 開所

いっぷくのコンセプトを踏襲し、認知症対応型のデイサービス2店舗目を開所。

2015年12月介護支援事業所 「いばらきケアプランセンター」 開所

通所施設では十分に汲み取ることのできない、ご家族やご本人、地域の状況を把握・理解し、ご利用者様により添ったサービスを提供することをコンセプトとして開所。

2016年 6月通所介護施設  「はつらつ」 開所

認知症の有無にかかわらず、ご利用中の活動を通じて現状の心身機能と日常生活能力を改善し在宅生活を支援・整備していくことをコンセプトとして開所。

2016年 6月訪問介護事業所 「ゆとりヘルパーステーション」 開所

疾病や障がいにより、日常生活に支障をきたしている方のご自宅に伺い、心身のケアと生活環境の整備をお手伝いし、日々の生活をサポートしていくことをコンセプトとして開所。

2017年 7月訪問看護事業所 「あかり訪問看護ステーション」 開所

医療と福祉の両面からご利用者様の疾病や心身のケアを行い、ご自宅でできるだけ長く過ごしていただき、看取りまでサポートしていくことをコンセプトとして開所。